スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e田橋crazys曲目解説(2)

湖上のボサ
(Bossa on the lake)

マンドリンだけで演奏できる曲として書いたボサノヴァ。これがカンツォーネならヴェネツィアのゴンドラ上でいかつい男性が弾きそうなイメージだが、女性3人が弾くボサノヴァなら湖上をたゆたう小舟の上でも似合いそうな気がして、こんなタイトルにした。

(この曲目解説はe田橋crazysファーストライブ(2014/11/8,9)公演プログラムの一部を編集したものです。)

実はこの曲で採用した中間部のコード進行は元々「元禄の茶壺」のレパートリーとして構想していた、アンニュイな歌詞を付けたボサノヴァから転用したもの。メロディーラインはこの曲とは異なるので、将来もしかすると元の曲も公開する事になるかも知れない。
現時点ではこの曲のサンプルがe田橋crazysのHPで視聴できますので、興味のある方はご覧ください。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。