スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e田橋crazys ライブのお知らせ

好島が作品を提供しているマンドリン系ニューエイジユニット、
e田橋crazys(イーダバシ・クレイジーズ)
のライブが4月22日に開催されます。

前回に引き続き高円寺スタジオK(第3スタジオ)にて、
ゲストにはパーカッションの容昌(ようすけ)さんをお招きします。
好島作品からは、前回ライブのアンコールでお披露目された
Mambo(u) No.300,000,000(マンボ(ウ) ナンバー三億)
も改めて演奏される予定です。

2018年4月22日(日)
開場15:00 開演15:30
会場:高円寺スタジオK 第3スタジオ(1階)
杉並区高円寺南4-39-17 司ビル
(JR中央線高円寺駅南口徒歩5分)

前売券 ¥3,000(一般) ¥1,500(学生)
当日券 ¥3,500(一般) ¥2,000(学生)

お問い合わせはリンク先の公式ページをご参照ください。
e田橋crazys:http://www.e--c.com/
スポンサーサイト

e田橋crazys曲目解説(8)

Mambo(u) No.300,000,000
(マンボ(ウ) ナンバー三億)

(解説)
マンボウが好きだ。
マンボウは1回に3億個もの卵を産むらしい。でもそのほとんどは卵のうちに食べられてしまい、最大で3mにもなるという巨体にまで成長できるのはごく僅かで、彼らは言わば3億分のいくつかという超ラッキーを体現した存在とも言える。
巨体になったマンボウは動きも緩慢で、外洋にぷかぷか浮いていたりするらしいが、一方で1m以下の若い個体は結構俊敏に泳げるのを水族館で見たことがある。

この曲はそんな「幸運の象徴」とも呼べる(3億番目まで生き残った)マンボウの一生を描写したものである。
3億個の卵が放出される「産卵」、
それらが運任せに大洋を漂う「悲観的浮遊」、
運良く成魚になった若いマンボウが快速で泳ぎ、時には自力で危機から脱する「青春」、
巨体に成長して生命の危険が大幅に減り、自由きままに海原に浮かぶ「楽観的浮遊」の各部をマンボとサンバのリズムに乗せて表現した。

またこの曲では随所に全音音階を用いている。不安定に浮遊する感じを出すためである。

2017年12月3日高円寺スタジオKでのライブにて、アンコール曲として演奏された。
e田橋crazysのフル編成(8人)で書かれているが、マンドリンオーケストラでの演奏にもそのまま利用できる様意識している。マンボ・サンバには欠かせないパーカッションを加える事は大いに推奨され、その場合はサンバの中間部でソロを取る等いくつかの指示が書かれている。

e田橋crazys ライブのお知らせ

好島が作品を提供しているマンドリン系ニューエイジユニット、
e田橋crazys(イーダバシ・クレイジーズ)
のライブが12月3日に開催されます。

前回に引き続き高円寺スタジオK(第3スタジオ)にて、
ゲストには本年夏の高松・岡山公演でご一緒したパーカッションの井狩温子さんを再びお招きします。
好島作品も演奏される予定です。
是非ご来場ください。

2017年12月3日(日)(※2回公演)
開場15:00 開演15:30
開場18:00 開演18:30
会場:高円寺スタジオK 第3スタジオ(1階)
杉並区高円寺南4-39-17 司ビル
(JR中央線高円寺駅南口徒歩5分)

前売券 ¥3,000(一般) ¥1,500(学生)
当日券 ¥3,500(一般) ¥2,000(学生)

お問い合わせはリンク先の公式ページをご参照ください。
e田橋crazys:http://www.e--c.com/

元禄の茶壺 2ndワンマンライブ 〜おやぢの送り火〜

元禄の茶壺 2ndワンマンライブ 〜おやぢの送り火〜
2017年8月19日(土)
13:30 / 14:00 open / start
at APIA40 (学芸大学駅徒歩9分)
http://www.apia-net.com/
蔵臼麓真*:ヴォーカル、ギター
好島王紫:ヴォーカル、バラライカ
福島久雄:ヴォーカル、ギター
黒澤和之:ヴォーカル、ベース

演奏曲:第1部
・オープニング 〜 元禄の茶壺 Theme song ! (五木の子守歌Ver.)
・Green men(ミドリのオトコ達)
・ワタシの彼はロシア人
・Respira !
・突貫工事 M.E. 〜ワーキングプア Ver.〜(蔵臼麓真/好島王紫)

第2部
・Like a rolling stone(蔵臼麓真)
・Adult's Lullaby(大人の子守歌)(蔵臼麓真/好島王紫)
・Born to fly
・柿の種 〜増量 Ver.〜
・(アンコール)突貫工事 M.E. 〜ワーキングプア Ver.〜

昨年5月初のワンマンライブ以来2回目のワンマンライブ。
当初は昨年と同じ5月4日(おやぢの日)開催を目指したが、事情によりお盆期間中となった。
演奏セットは前回とほぼ同様だが、Bパートの1,2曲目を入れ替えている。

1年以上のブランクを経た上、4名全員が揃った練習は1回のみという強行スケジュールだったが何とか大事故は避けられた。
サウンド面では、昨年アルトバラライカをライン化した好島がオクターバー(nano POG)にマルチエフェクター(KORG A3)を加え、ベースの黒澤もエフェクターを使用しバリエーションを試みた。

*蔵臼は第1部「突貫工事」からの登場。

ライブ記念ステッカー作成のお知らせ

8/19のライブまであと僅かとなりましたが、
元禄の茶壺では今回のワンマンライブを記念してステッカーを製作する事となりました。
IMG_2453.jpg

当日のご来場者さまにはこのステッカー(2枚一組)を無料でプレゼントいたします。*
どうぞお越しください。


元禄の茶壺ワンマンライブ
〜おやぢの送り火〜

2017年8月19日(土)
13:30 / 14:00 open / start
ticket:1500Yen + drink order (¥500〜)
at APIA40 (学芸大学駅徒歩9分)
http://www.apia-net.com/

*ステッカープレゼントはやむを得ない事情で中止される事もありますのでご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。